• ac-kawasaki

【ご報告】トレーナー&指導者シリーズPhase4: 「自重トレーニング」と「サーキットトレーニング」の理論と実践


2016年3月20日(日)終了いたしました♪

https://theway.doorkeeper.jp/events/39583

身体を鍛えたい!という熱意があっても、

ジムに行けず、

トレーニングの器具もなく、

トレーニング環境が整っていない方も多くいると思います。

それでも強くなれる方法が、「自重トレーニング

自重でのトレーニングを多く知っていれば、どのような場所や環境でも、どのような目的の方であっても、トレーニングは可能なのです!

自重では、自分の体重以上の負荷でトレーニングできないのでは?

強くならないのでは?

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

スポーツの中には、

競技動作や競技の特性の動きを考えた上で、

フリーウエイトやマシンなどのトレーニングが有効なこともあるでしょう。

しかし、ジムに通うことができている方々の中にも、

競技動作や競技の特性の動きを無視して、

ウエイトでの単関節運動や競技動作を無視したトレーニングを

している方も多いのではないでしょうか?

ただひたすら

レッグプレスやレッグエクステンションのマシンなどで、手足(四肢)を動かすより、

身体全体を使ってコントロールしなくてはいけない(自重)エクササイズは、

もっと身体のコーディネーションを要する、

運動・筋神経の支配起動のレベルが高いトレーニングなのです。

(筋神経アクティベーション)

米国で培った経験を、日本で還元すべく、

みなさまにシェアさせていただきたいと思います。

ぜひご参加ください!

川﨑章広(あき)

 < 対象 >

・ 器具がなく環境が整っていないけれど、自重でもトレーニングをしたい方

・ 家で短時間でできるトレーニングを知りたい方

・ 身体は鍛えたいけど、ジムに通う時間がない方

・ もっとトレーニングのバリエーションを増やしたい方

・ 部活動の顧問を務めている方

・ いまのスポーツ業界を変えたい、と思っている方

・ プロ選手、オリンピック選手を育てたい方

・ 「トレーニングだけがトレーニングではない」と、感じ始めている方

・ 世界に通用する一流のスポーツトレーナーを目指している方

 < 内容 >

☆ 自重で行えるエクササイズの紹介

一般の方からアスリートと一緒に行なうことが出来る自重トレーニングを紹介。

米国5大バレエのHouston Ballet団附属学校でも行なっていた、

個別から団体(チーム)でも使えるサーキット・トレーニングの紹介。

人数によってステーションを作り行なうことが出来、

タバタ式で行なえる下半身、上半身、下半身、体幹をご紹介

(受講者に合わせてSAQトレーニング含むトレーニングもシェア)。

 《収得が出来るトレーニング内容》

・ アブドミナル (腹部) ・ レッグ (大腿四頭筋、ハムストリング、臀筋群、など) ・ チェスト (胸筋群、など) ・ ショルダー (三角筋全部、僧帽筋、など) ・ アーム (上腕二頭筋、上腕三頭筋、腕橈骨筋、など) ・ バック (脊柱起立筋、広背筋、僧帽筋、菱形筋、など) ・ トータルボディ (全身の筋肉) ・ フィットネス (心肺機能、など) ・ アジリティ(敏捷性) ・ クイックネス(切り替えし) ・ スピード(速さ、スプリント能力)

★ ノート、筆記用具をご持参ください。

 < 講師 >

川﨑章広  ストレングス&コンディショニングコーチ  ヤムナ®ボディローリング認定プラクティショナー 米国アラバマ大学バーミングハム校 エクササイズサイエンス学科卒業 短大時代、カレッジフットボールの本場ミシシッピ州にて、スチューデントATとして活動していたチームが優勝 大学時代、アラバマ州のメディカルセンターにて、理学療法士の下でインターンを経験 米国5大バレエ団の一つであるヒューストンバレエ団の付属学校にて、4年間ウェイトトレーニングの講師を務める 現在、7人制ラグビーチーム「サムライセブン」ストレングス&コンディショニングコーチであり、チームのメディカルチーム発足の提案、構築中 2015年、日本代表男子硬式テニスナショナルチーム冬期強化合宿に、ストレングスコーチとして帯同

#トレーナー指導者 #自重トレーニング #フィジカルトレーニング #過去のイベント #トレーナー指導者過去のイベント

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示