• Chinatsu

~資本であるご自分の身体を、しっかりとケアしようとしているすべての人たちへ~


『もう限界かな…』

腰痛、アキレス腱鞘炎、ストレスやプレッシャーからの不眠、慢性的な疲労感。。 Alabama Balletの「ジゼル」の主役を踊れるようになった頃、すでに感じて始めて行き詰まりかけていた私。

でも、‪‎ヤムナ‬®‪‎ボディローリング‬に出会い、その後の私のダンサー人生は再び開けていったのです。

「怪我のないダンサー」として信頼され、その後も3年以上踊り続けられ、たくさんの素晴らしい人たちや作品に出会い、経験することができた事は、私の人生の宝です。

全幕主役では「眠りの森の美女」「白鳥の湖」そして「ロミオとジュリエット」・・・、キリアン作品、振付家クリストファー・ブルースほか、モダンカンパニーでの活動・・・などなど。

健康な身体がなければ、体験することができなかったことばかり。

ヤムナは、リハーサルの合間や、自宅で手軽に出来るセルフメンテナンス。 その効果は ・ 身体のアラインメント(骨格)の矯正 ・ 骨格可動域の向上 ・ 柔軟性の向上 ・ 筋肉の質の向上 ・ 内臓の活性化 ・ 血流やリンパの循環の向上 ・ ‪‎自然治癒力の向上‬ などなど。

身体の中にあるべきスペースを作り出して、より動きやすい身体、より広がる身体でいられるのです。 深く呼吸ができるようになり、心もスッキリ、明るくなれます♪

私の母校である‎ヒューストンバレエアカデミー‬では、必須のクラスでもあります♪

プロのダンサー‬、‎バレエダンサー‬、未来のプロを生み出す‎バレエ教師‬の方々はもちろんのこと、‪‎ヨガや‬‎ピラティス‬ をしている方や、‪‎インストラクター‬の方々だけでなく、踊りやスポーツに関わらずとも、『自分の身体を資本として、しっかりとケアしようとしているすべての人たち』にお伝えしたいのです、ヤムナの良さを。

まずは体験してみてください、「心も身体が軽くなる♪」感覚を!

#アーティスト #スポーツ #ヤムナ #痛み #自然治癒力

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【どうして、『セルフ』で出来ることを求めるのか?】

『自立』し、『責任』ある人を増やすためです。 そして、私は、『あなた』自身そうであって欲しいと願うからです。 極端な質問かもしれませんが、 もし、『あなた』がこの世に一人しかいなかったらどうしますか? これは、そういうことに近いかもしれません。 誰かに『何かをしてもらう』ということは、『受身』であって、 そこから、『自立』も『責任』も生まれませんよね。 そして、いつの日か『

【『セルフ』でケアできていない選手が多い、そんなスポーツ界は甘すぎるのか?】

トップアスリートを目指すのにもかかわらず、あなたの身体を誰かに任せてのコンディショニングは正直甘いと思います。 もちろん、金銭的に余裕があり、もしくは、時間と効率を考えた上での考えであれば、スペシャリストに任せるということは、健全な考えだとも思いますが。 そもそも、トレーニング、身体をつくるための要素は何でしょうか? ① メンタル ② 食事・休息&睡眠 ③ Mobility & Sta

【YAMUNAじゃなければ、ダメなのか?】

本当は、『なんでもいい』と思ってます。 それを行なうことによって、『あなた』が『身体の状態を把握でき』、『セルフ(自身)で改善できる』のであれば。 典型的な例として、YAMUNAとフォームローラーとを比べて説明することが多いですが、どちらが『良い、悪い』と言っているわけではありません。 なんでも、『できること、できないこと』を理解することが大切だということです。 さらに言えば、『できること、できな