• Chinatsu

あなたの幸せな人生=健康である身体のために、自然治癒力を蘇らせる!


>< 肩こりがひどい、頭痛が治らない

>< ホルモンバランスが崩れて、生理が不順だ

>< 夜眠れない

>< ひざが痛い、腰が痛い

>< 内臓の調子が悪い、疲れやすい・・・・

現代人の日々の生活習慣によって

 使わない箇所は固まっていく私たちの身体。

また、筋肉は使い過ぎても硬くなっていきます。

筋肉が硬くなれば、間接などの可動域は小さくなり、

 骨格のバランスは崩れていきます。

筋肉が硬くなると、リンパの流れや血流も滞るでしょう。

骨格の内側や、関節にスペースがなければ、

 内臓の動きも悪くなるでしょう。

いよいよあなたは、いっぱいになった不安を抱えて、

お医者さんに行っては、結局施されるのは対処療法が多いですよね。

? 痛み止めを処方される

? 湿布を出される

しかし本来私たちの身体には、

自然治癒の力が備わっています。

そして、後追いの対処医療では、その力をどんどん弱めてしまうばかり。

では、自分で予防したり、

自然治癒力を助けてあげることが出来れば、最高ですよね?

その大きな力のひとつなってくれるのが、ヤムナ®ボディローリングです。

 筋肉の始まりを刺激し

 骨にそって筋肉の終わりに向かい、

 体重を利用し、筋肉の何重もの層をほぐし

 骨まで刺激します

 呼吸をしっかりして、酸素を送り込み、

 二酸化炭素を吐き出していきます

これだけで

・ 関節や、筋肉と骨の間にスペースを作ることができる

・ アライメント(骨格)を整えることができる

・ 血行の循環が良好になる(酸素と血液を、身体全体のすみずみまで送る)

・ リンパの流れがよくなる

・ 筋肉の質が、弾力性のある本来あるべき状態に蘇る

そうすれば、人間の身体はどんどん蘇っていけるのです! 自分の力で。

身体が軽くなります!!

 内臓が動き出します!

 関節の痛みが楽になります!

 呼吸が深くなり、よく眠れるようになります!

 競技のパフォーマンスが向上します!

など、生活習慣から来る身体への痛み・障害の改善、精神的な安定、様々な効果が期待できるでしょう♪

人の手を借りなくても、高いお金をかけてマッサージに通わなくても、

自分でお家で少しずつ行うだけで、心も身体も元気なままでいられるなんて、

素晴らしいことですよね!

あなたの不安が、より少なくなることでしょう。

なぜなら、日々のあなたの身体の変化を、自分で感知できるようになるからです。

いま、自分の身体はどういう状態にあるのか、がわかるようになります。

それが「ふつう」のことであるべきだ、と私たちは思います。

予防医療の一つの手段として。

病気になってから、怪我をしてからではなく、それを事前に防ぐこと。

これこそが、私たちが望む、本来あるべき姿。

ヤムナを行うことは、そのような生活の初めの1歩となると信じています。

お医者さんに行っても、家で何をしたら良くなるかなど、そう教えてくれませんね。

教えられないのだと思います。

「予防治療が大切なことは知っているけれど、

  自分がしていないから教えられない」ではなく、

「自分が何を本当にすべきなのか」ということを

私たちはしっかり、学び広げていかねばならないと思います。

身体あっての、自分。

あなたの身体 = あなたの人生

あなたの『幸せ』は、何ですか?

その幸せな時間、長く続けていくために、

自分の身体と向き合って、大切にし、一生涯健康でありたいですね ^^

#ヤムナ

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

~資本であるご自分の身体を、しっかりとケアしようとしているすべての人たちへ~

『もう限界かな…』 腰痛、アキレス腱鞘炎、ストレスやプレッシャーからの不眠、慢性的な疲労感。。 Alabama Balletの「ジゼル」の主役を踊れるようになった頃、すでに感じて始めて行き詰まりかけていた私。 でも、‪‎ヤムナ‬®‪‎ボディローリング‬に出会い、その後の私のダンサー人生は再び開けていったのです。 「怪我のないダンサー」として信頼され、その後も3年以上踊り続けられ、たくさんの素晴ら

【どうして、『セルフ』で出来ることを求めるのか?】

『自立』し、『責任』ある人を増やすためです。 そして、私は、『あなた』自身そうであって欲しいと願うからです。 極端な質問かもしれませんが、 もし、『あなた』がこの世に一人しかいなかったらどうしますか? これは、そういうことに近いかもしれません。 誰かに『何かをしてもらう』ということは、『受身』であって、 そこから、『自立』も『責任』も生まれませんよね。 そして、いつの日か『

【『セルフ』でケアできていない選手が多い、そんなスポーツ界は甘すぎるのか?】

トップアスリートを目指すのにもかかわらず、あなたの身体を誰かに任せてのコンディショニングは正直甘いと思います。 もちろん、金銭的に余裕があり、もしくは、時間と効率を考えた上での考えであれば、スペシャリストに任せるということは、健全な考えだとも思いますが。 そもそも、トレーニング、身体をつくるための要素は何でしょうか? ① メンタル ② 食事・休息&睡眠 ③ Mobility & Sta