• ac-kawasaki

【YAMUNAじゃなければ、ダメなのか?】


本当は、『なんでもいい』と思ってます。

それを行なうことによって、『あなた』が『身体の状態を把握でき』、『セルフ(自身)で改善できる』のであれば。

典型的な例として、YAMUNAとフォームローラーとを比べて説明することが多いですが、どちらが『良い、悪い』と言っているわけではありません。

なんでも、『できること、できないこと』を理解することが大切だということです。

さらに言えば、『できること、できないこと』を『理解して使い分けること』が特に大切だと思うんです。

お客様によっても、バランスが取りずらい方がいればフォームローラーを使用することがあります。腿の外側、大腿筋膜張筋や腸頸靭帯をリリースするときは、フォームローラーですと本当にバランスを取りやすいです。また、人にもよって扱いやすさはフォームローラーのほうがYAMUNAより良いという方もいらっしゃると思います。コレクティブエクササイズなどで、脊柱を頭から背中まで真っ直ぐに保ったまま行なうエクササイズなどにも、フォームローラーはとても有効的に使うことも出来ます。

『大切なこと』は、それを『何の目的で』『何のために』使っているかということだと思います。

それをふまえても私は、『セルフメンテナンス』を行なう上で、使い勝手の良いのは『YAMUNA』だと感じていますので、ここでは、YAMUNAを紹介させて頂いております。

私がYAMUNAをお勧めする大きな理由は、『一つ一つがルーティン化して、そのエクササイズをすればそれだけの効果がある』こと、そして、『わかりやすい』こと。つまりは『再現性がある』ということです。

『ルーティン化』されているということは、誰もが『いつでも、どこでも』再現可能ということです。

他にセルフで出来る『フォームローラー』や『MELT』とは違って、解剖学的に考えられてつくられた『ヤムナボール』は、『360度、構造的にアプローチ』が可能です。特に『胸、恥骨周り、股関節、脇腹、肋骨付近』を、『YAMUNA』では無理なくアプローチしやすいのです。

また、その日の体調、年齢、骨の強さ、行なう体の部位などに合せて、それぞれのボールの表面素材、大きさを選んだり、硬さの調整をしたりすることによって、さまざまな状況に対応できます

そしてなにより、『筋肉のリリースをすぐに感じる即効性がある』、『効果の持続性が長い』というメリットがあります。

こういった理由で、身体全般のセルフケア、老若男女すべての方に『YAMUNA』を推奨させていただいております。

Where there is a will, there is THE way.

川﨑章広

#ヤムナ

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

~資本であるご自分の身体を、しっかりとケアしようとしているすべての人たちへ~

『もう限界かな…』 腰痛、アキレス腱鞘炎、ストレスやプレッシャーからの不眠、慢性的な疲労感。。 Alabama Balletの「ジゼル」の主役を踊れるようになった頃、すでに感じて始めて行き詰まりかけていた私。 でも、‪‎ヤムナ‬®‪‎ボディローリング‬に出会い、その後の私のダンサー人生は再び開けていったのです。 「怪我のないダンサー」として信頼され、その後も3年以上踊り続けられ、たくさんの素晴ら

【どうして、『セルフ』で出来ることを求めるのか?】

『自立』し、『責任』ある人を増やすためです。 そして、私は、『あなた』自身そうであって欲しいと願うからです。 極端な質問かもしれませんが、 もし、『あなた』がこの世に一人しかいなかったらどうしますか? これは、そういうことに近いかもしれません。 誰かに『何かをしてもらう』ということは、『受身』であって、 そこから、『自立』も『責任』も生まれませんよね。 そして、いつの日か『

【『セルフ』でケアできていない選手が多い、そんなスポーツ界は甘すぎるのか?】

トップアスリートを目指すのにもかかわらず、あなたの身体を誰かに任せてのコンディショニングは正直甘いと思います。 もちろん、金銭的に余裕があり、もしくは、時間と効率を考えた上での考えであれば、スペシャリストに任せるということは、健全な考えだとも思いますが。 そもそも、トレーニング、身体をつくるための要素は何でしょうか? ① メンタル ② 食事・休息&睡眠 ③ Mobility & Sta