• Aki

【Akiが、S&C、AT、PT、また、医療現場・整形外科に『YAMUNA』を導入したいと考える理由】


それは、『YAMUNA』は『セルフ』で出来る、画期的なメンテナンス方法だと考えるからです。 また、『自立』し、『責任』ある人を増やすためです。 そして、私は、『あなた』自身そうであって欲しいと願うからです。 私は、米国の短大や大学の時、ATやPTの沢山の現場を経験してきました。しかし、怪我した後、術後のリハビリ、アスリハの『後追い療法』が非常に多く、『予防や補強&コンディショニング&セルフメンテナンス』は殆どなかったと、いま振り返ると、そう感じます。 短大では、アメフトで全米チャンピオンになり、後に、多くの選手は、スーパースターを輩出したアラバマ大学やその他強豪大学に進学&スカウトされ、また、後にNFLプレーヤーにもなっていきました。そのレベルで、怪我をするまでやり続ける。そして、それが引き金となり引退になるケースが多い。これがトップのトップでの現状だと理解しています。 もちろん、実際は、コンディショニングやリカバリーのスペシャリストがいて“ケア”をしてくれると思いますが、『セルフ』ではなく『他人(ひと)任せ』のケアだと思います。彼らから『セルフ』で行なう指示があっても行なわずに、辛くなったり怪我になるまで放置。『誰か』にやってもらうのをのを待つ。これが現状であり、本人が本人の身体のことがわかっていないケースが多いと思うんです。 私の短大の当時を思い出せば、練習前も練習後も軽いウォームアップに、軽いクールダウン。『セルフ』で行なうコンディショニングなど全くはありませんでした。ただ一人だけ、毎日欠かさずにパーソナルストレッチを私に求めてくる選手がこのチームにはいました。それは、アメフト部のフィールドゴールのキッカーです。彼とは、パーソナルストレッチを毎日、練習前、練習後に私が行なっていました。今でも彼とやったハムストリングス、お尻などのストレッチは鮮明に覚えていますし、彼の筋力、筋肉の質、柔軟性は素晴らしかったことも覚えています。当時、彼は、短大2年生19歳でしたが、55ヤードのフィールドキックを決める選手でした。確か、ジュニアカレッジのオールアメリカの選手にも選ばれていたと思います(笑) 彼は、他の選手達とは比較にならないくらい、『自分の身体』に対する意識が違っていましたし、彼は『セルフ』でもコンディショニングを意識して行い、『セルフ』で出来ないことを頼んでくると言った、彼『自身の身体に対する意識』の高い、素晴らしいエリートアスリートでした。 正直、他の選手も彼のように『己の身体の状態』を把握し、『セルフ』でもコンディショニングできるレベルであれば、要らぬ怪我や手術を減らすことが出来、選手寿命さえも延ばすことが出来ると思っています。 私は、『彼らが若い世代だからこそ、このGolden Ageの年代にしっかりと己の身体の状態を把握し、セルフでもコンディショニングの重要さを伝えていくことが必要』だと感じていましたし、今は、尚更、そう強く感じています。 また、時は流れ、米国の大学の時は、インターンでPT、OT、SPTの下、メディカルセンターで行いました。

このとき、主に、PT、OPの『リハビリ』を観ることが多かったです。 PTが、交通事故やストローク(脳梗塞、脳卒中など)で歩行に問題があり、筋肉が固まってしまって、身体の自由が利かない人に対して、ストレッチをかけていたのは印象的でした。 その人は、脚(ハムストリングから下腿にかけて)がつっていたけれど、患者さんの意思ではストレッチも出来ていなかったのを覚えています。また、立った状態だと、むしろ筋肉を収縮した状態で、痛みが増して、悪化していた状態でした。 このときに、『もっとこの患者さんの為に何か出来ることは無いか』と常に考えていました。 そこで出会ったのが『YAMUNA』であり、『YAMUNA』のテクニックでした。 必要であれば、あなたの為にHands-onで、『YAMUNA』のルーティンを私が行なうことも出来ます。Hands-onであれば、あなたが例え寝たきりでも、筋萎縮があっても、呼吸さえ取っていただければ、内臓器系、呼吸器系、血液の循環、リンパの流れ、関節可動域や柔軟性の改善、骨格のアライメントやポスチャーの改善が見込むことができるのです。 また、『YAMUNA』を理解していただき、あなた自身できるようになったら、おうちで出来る『YAMUNA』を紹介していくことが出来、家でも家族を巻き込んで、あなた自身、またご家族がご自身でセルフケア、セルフメンテナンス、セルフフィックスすることが可能なのです。 このような理由から、『後追い療法』で『年のせい』にしたり、最初に不必要かもしれない『手術』を選択肢に入れ、『あなた』の将来をあまり考えない『その場しのぎ対処』はいただけません。 真剣に『あなた』の将来を考えるからこそ、『まず、出来ること』をしっかりと模索し、その中での最終手段として手術になると私は考えます。人間の身体は、自分の身体を直すための能力が生まれながら備わっています。 指を切れば、傷口をふさぐために、血小板が頑張って働くように、骨折して骨芽細胞が出来てくるように、身体には『自然治癒力』が備わっています。 だから、自分でもっと身体を理解して、自分でもケアできる人を増やせるように、まずは『YAMUNA』を医療現場・整形外科に導入したい。 Hands-onも出来、セルフケア、セルフメンテナンス、セルフフィックスすることが可能な『YAMUNA』を医療現場・整形外科に導入し、それを薬の代わりにホームエクササイズとして使って頂きたいと強く志すようになったのです。

川﨑章広

#ヤムナ #想い

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

~資本であるご自分の身体を、しっかりとケアしようとしているすべての人たちへ~

『もう限界かな…』 腰痛、アキレス腱鞘炎、ストレスやプレッシャーからの不眠、慢性的な疲労感。。 Alabama Balletの「ジゼル」の主役を踊れるようになった頃、すでに感じて始めて行き詰まりかけていた私。 でも、‪‎ヤムナ‬®‪‎ボディローリング‬に出会い、その後の私のダンサー人生は再び開けていったのです。 「怪我のないダンサー」として信頼され、その後も3年以上踊り続けられ、たくさんの素晴ら

【どうして、『セルフ』で出来ることを求めるのか?】

『自立』し、『責任』ある人を増やすためです。 そして、私は、『あなた』自身そうであって欲しいと願うからです。 極端な質問かもしれませんが、 もし、『あなた』がこの世に一人しかいなかったらどうしますか? これは、そういうことに近いかもしれません。 誰かに『何かをしてもらう』ということは、『受身』であって、 そこから、『自立』も『責任』も生まれませんよね。 そして、いつの日か『

【『セルフ』でケアできていない選手が多い、そんなスポーツ界は甘すぎるのか?】

トップアスリートを目指すのにもかかわらず、あなたの身体を誰かに任せてのコンディショニングは正直甘いと思います。 もちろん、金銭的に余裕があり、もしくは、時間と効率を考えた上での考えであれば、スペシャリストに任せるということは、健全な考えだとも思いますが。 そもそも、トレーニング、身体をつくるための要素は何でしょうか? ① メンタル ② 食事・休息&睡眠 ③ Mobility & Sta