• ac-kawasaki

【どうして、『セルフ』で出来ることを求めるのか?】


『自立』し、『責任』ある人を増やすためです。 そして、私は、『あなた』自身そうであって欲しいと願うからです。 極端な質問かもしれませんが、 もし、『あなた』がこの世に一人しかいなかったらどうしますか? これは、そういうことに近いかもしれません。 誰かに『何かをしてもらう』ということは、『受身』であって、 そこから、『自立』も『責任』も生まれませんよね。 そして、いつの日か『人のせいにする』ことを覚えるでしょう。 これは、『人の人生』と一緒のことではないでしょうか。 『あなた』が全てを出来なくてはいけない、とは言いません。 でも、日頃から自分の体調や身体のことを知っていたら良いのではないか、ということです。 『あなた』自身、自分の身体を『知りたい』、自分の身体に『何か良いことしたい』と『能動的に』なることは大切なんだと信じています。 人に触られて、人に診てもらって初めて『へぇ~わたしってそうなんですか~』では、ちょっと違うと思うんです。 『じゃぁ、その人が居なくなってしまったら?』 米国で、4年で5,000セッション以上、延べ600人も越えるお客さんを観ていた時、私はいち早く、お客さんを私から『卒業』させようと想い、仕事していました。 なぜなら、私は日本から来た人間、『いつか日本に帰らなければいけない日が来る』と知っていたからです。 同時に、『学んだことを日本に還元したい』と強く感じていたからです。 お客さんは、ウクライナ人、スペイン人、アメリカ人、レバノン人、インド人、タイ人、イギリス人、イタリア人、アイリッシュ、フランス人、コロンビア人、韓国人、日本人、など世界中からでした。 ですので、お客さんが『私が居なくても、お客様自身で出来ることを伝える』、これは私の中での最低条件でした。 私から、いち早く卒業してもらう。そうする事によって、彼らの人生の質も上がります。 なにより、『どうしたら改善できるようになるのか』、『その原因をあなた自らで追究でき、それを予防できる』ようになってもらうこと。 これを読んでいただいている『あなた』にも、そうあってほしいのです。 あなたにこそ、身体のことをしっかり理解して、なにか異常があったときには、あなた自身でその専門医にいけるくらい、あなたの身体のことを理解できているレベルになっていただきたい。 それが、『自立』であり、『あなたの身体』に対する『責任』なんだと想います。 そこに繋がるのが『セルフ』、自身であなたを『知る』ことであり、『セルフ』でこそ『身体を理解できる』んだと強く感じています。

川﨑章広

↓よろしければ、こちらの記事もあわせてお読みください↓ 【『セルフ』でケアできていない選手が多い、そんなスポーツ界は甘すぎるのか?】

#想い #ヤムナ

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

~資本であるご自分の身体を、しっかりとケアしようとしているすべての人たちへ~

『もう限界かな…』 腰痛、アキレス腱鞘炎、ストレスやプレッシャーからの不眠、慢性的な疲労感。。 Alabama Balletの「ジゼル」の主役を踊れるようになった頃、すでに感じて始めて行き詰まりかけていた私。 でも、‪‎ヤムナ‬®‪‎ボディローリング‬に出会い、その後の私のダンサー人生は再び開けていったのです。 「怪我のないダンサー」として信頼され、その後も3年以上踊り続けられ、たくさんの素晴ら

【『セルフ』でケアできていない選手が多い、そんなスポーツ界は甘すぎるのか?】

トップアスリートを目指すのにもかかわらず、あなたの身体を誰かに任せてのコンディショニングは正直甘いと思います。 もちろん、金銭的に余裕があり、もしくは、時間と効率を考えた上での考えであれば、スペシャリストに任せるということは、健全な考えだとも思いますが。 そもそも、トレーニング、身体をつくるための要素は何でしょうか? ① メンタル ② 食事・休息&睡眠 ③ Mobility & Sta

【YAMUNAじゃなければ、ダメなのか?】

本当は、『なんでもいい』と思ってます。 それを行なうことによって、『あなた』が『身体の状態を把握でき』、『セルフ(自身)で改善できる』のであれば。 典型的な例として、YAMUNAとフォームローラーとを比べて説明することが多いですが、どちらが『良い、悪い』と言っているわけではありません。 なんでも、『できること、できないこと』を理解することが大切だということです。 さらに言えば、『できること、できな