• Aki

【バレエダンサーは、『セルフケア』のスペシャリスト。】


バレエダンサー、特にバレエ界のトップに立つような人たちは、『己』を知っています。

毎朝、10時からバーレッスンでウォームアップをして、己の身体と対話します。

そこから、いまの自分がどう在るのか把握して、その日の身体の状態に合わせて、ストレッチを長めに入れたり、弱いと思われる部分は特に念入りに動かしたりと、日々自分の身体を感じながら生活しています。

毎日6~10時間のリハーサルで、1~2ヶ月に一度は2週間の公演。 キャスティング(役のリスト)も4~5セットほど(スポーツで言う控えのようなものが4~5軍まで)あり、自分の代わりはいつでも居ます。体調が悪ければ、または怪我すれば直ぐに『あなた』のスポット(ポジション)を狙っている誰かに取られてしまうのです。常にこの状態の緊張感のある毎日で、常にベストパフォーマンスをするために、バレエダンサーは、日々のトレーニングとコンディショニングを欠かしません。まさしく「積み重ね」。ここで大きく差が出ます。 上に行けるダンサーとそうでないダンサー。少なくとも私はそれを全米トップ5に入るヒューストンバレエ団で4年間働いた時の、あの環境から感じたフィーリングで今も覚えています。 ヒューストンバレエ団で働いていた当時、私はコンディショニングルームというところで、筋トレやコンディショニングを担当して指導しておりました。 その時、ほぼ毎日、必ずといってコンディショニングをしにきていたのが、ヒューストンバレエ団のプリンシパル、ソリストレベルのダンサー達です。 皆さんもお気づきかと思いますが、彼らのように『トップに入れる人』は、『自己観察力』が素晴らしく、『自己認識』、彼らの身体を誰よりも知っているのです。動いて、感じて、ストレッチして、コンディショニングして、ストレングストレーニングして、動いて、最高の状態をつくる。 この流れ『ルーティン』を彼らは持っているのです。 トップアスリートであれば、誰もが持っている『自己ルーティン』を日本のスポーツ界、芸術界に広めて行きたい。 それが私の願いで、母国に還元したいという強い『想い』です。

Where there is a will, there is THE way.

川﨑章広

#想い

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

~資本であるご自分の身体を、しっかりとケアしようとしているすべての人たちへ~

『もう限界かな…』 腰痛、アキレス腱鞘炎、ストレスやプレッシャーからの不眠、慢性的な疲労感。。 Alabama Balletの「ジゼル」の主役を踊れるようになった頃、すでに感じて始めて行き詰まりかけていた私。 でも、‪‎ヤムナ‬®‪‎ボディローリング‬に出会い、その後の私のダンサー人生は再び開けていったのです。 「怪我のないダンサー」として信頼され、その後も3年以上踊り続けられ、たくさんの素晴ら

【どうして、『セルフ』で出来ることを求めるのか?】

『自立』し、『責任』ある人を増やすためです。 そして、私は、『あなた』自身そうであって欲しいと願うからです。 極端な質問かもしれませんが、 もし、『あなた』がこの世に一人しかいなかったらどうしますか? これは、そういうことに近いかもしれません。 誰かに『何かをしてもらう』ということは、『受身』であって、 そこから、『自立』も『責任』も生まれませんよね。 そして、いつの日か『

【『セルフ』でケアできていない選手が多い、そんなスポーツ界は甘すぎるのか?】

トップアスリートを目指すのにもかかわらず、あなたの身体を誰かに任せてのコンディショニングは正直甘いと思います。 もちろん、金銭的に余裕があり、もしくは、時間と効率を考えた上での考えであれば、スペシャリストに任せるということは、健全な考えだとも思いますが。 そもそも、トレーニング、身体をつくるための要素は何でしょうか? ① メンタル ② 食事・休息&睡眠 ③ Mobility & Sta