• マギー・モッテシャードさん 60代

”症状を自分で解消することができる”

最終更新: 2020年6月29日


アキに出会う前は、上半身、主に肩に問題がありました。よく針仕事をしていたのが原因だったと思います。上半身、肩に問題があった当時は、1年かそのくらいの間、PT(理学療法士)に通っていました。 アキは、私に 『Self-maintenance』、『Self-fix』 出来るヤムナというものを紹介してくれました。当時は、2011年7月、ピラティス・ヒューストンで彼が開いていたYAMUNAのグループクラスを受けたのが最初です。以来、私は、週1で夫と一緒にアキのセミプライベートを受けてました。私自身の身体を筋膜リリースを行なうことによって、筋肉や柔軟を良い状態に健康に保つためことが出来ています。私は、アキと一緒にワークした4年間で、彼が私に教えてくれたセルフで出来る、テクニックを今までずっと続けています。 アキとのセッション後は症状がとても良くなりました。ヤムナのワークを紹介してもらって以来、たくさん針仕事をした後に、いろいろな痛みや不調が出たとしても、ヤムナをしてその症状を自分で解消することができるのです。 アキの(YAMUNAを教える時の)哲学として私が感じたのは、 1.その人のその時の状態をしっかり見極めて、そこから始めてくれる。(例:その人が、とっても体調が良いとか、最近怠けているとか、その間…とか、を勝手に想定しない。) 2.その人が必要としている、より多くの情報をできるだけ与えてくれる。 3.よくクライアントの話を聞き、もしその人がヤムナのルーティンで次のレベルに行きたいと思った時には、それぞれの人自身が掲げた目標に達せられるように、丁寧に教えてくれる。 アキは、その人がまずどのような状況からのスタートかを把握します。そして彼は何が(どの部分、またはどの動きや習慣)が最も問題となっている部分の原因なのかを突き止めます。その上で、その人が「どこを目標に」「どうなりたいか」を明確にしたうえで、そこに到達するために必要な知識や技術を与えてくれます。 彼は、自分の筋/筋肉の状態の健康は、自身で管理することを人々に強く勧めています。 アキは自分の仕事は、その人が永遠に”クライアント”でいるのではなく、その人が自分で健康になれる様に手助けする事であると信じ、そう望んでいます。そして、彼にとっての成果は、何度もクラスやセッションを受けにくるクライアントをどれだけ多く抱えているかではなく、どれだけの人が自分から健康に、そして幸せに「卒業」していったか、ということであるといつも言っています。

#お客様の声 #ヤムナ #笑顔の声 #肩こり #痛み

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

”悩まされていた頭痛から解放された”

私が、首がとても凝っていて、いつも頭痛がありました。はじめは私の母がピラティス・ヒューストンに通っていたのですが、そのつながりで私もアキに診てもらうようになりました。 アキは私の首の筋肉を緩めてくれ、セッションのあとは頭痛が治まり、そしてその楽な感じがセッションのあとも長い間続きました。ずっと悩まされていた頭痛から解放されたのです。 アキとのセッションは、毎回同じ内容や対応であることはなく、その時